VIO脱毛は失敗しがち!後悔しないための方法とは

脱毛のコツを教えるわ
最近はVIO脱毛も浸透してきました。VIO脱毛は、ムレが軽減されるなど衛生面でもメリットがありますし、下着からアンダーヘアがはみ出して困るといった事もありません。
メリットもたくさんあるVIO脱毛ですが、他のパーツと違って注意をして欲しい事があるんです。

せっかくお金と時間を費やしてVIO脱毛をしたのに、やっぱり止めておけば良かった…、失敗してしまった…なんていう事のない様にしましょう。

ひかれまくり!?ハイジニーナはまだまだ浸透性が低い

ハイジニーナ脱毛は、VIO全てのアンダーヘアをツルツルに仕上げる事です。
海外では珍しくないようですが、日本ではまだまだ一般的ではありません。

実は私も初めは、海外モデルの影響でハイジニーナ脱毛を考えていました。
私は、反応が良かったようで1回目の施術後、毛がポロポロと抜けて正面から見た際にほぼツルツルの状態になりました。
しかし、その時の状態を鏡で見た時、これはちょっと他人には見せられないな、と思ったのです。
これでは温泉や銭湯に行った時、注目をされてしまうのではないかと思いました。それぐらいツルツルの姿は自分でも衝撃的でした。

実際、ハイジニーナ脱毛にして、温泉や産婦人科で恥ずかしい思いをしたり彼にひかれてしまったという人も多いんです。ですから、ハイジニーナ脱毛をする人は、それでも大丈夫かどうかもう一度よく考えてみてください。

Vだけ残す、それってあり?

ハイジニーナ脱毛の衝撃が強すぎて、他人から見える三角ゾーンのアンダーヘアは残そうと決めました。
でも、IやOは不必要だと思い、そこはツルツルに脱毛して貰おうと考えました。

その事を2回目の施術でエステティシャンの方に伝えるとこんな事を言われたんです。「Vだけ残してIとOをツルツルにするとバランスが悪い」と。
こうした脱毛を希望する人は多いらしいのですが、するとVに残った毛が強調され以前より気になる様になってしまったというケースが多いそうなんです。

だからオススメは、Vラインはきちんと脱毛をして、三角ゾーンの毛量を減らすという事。そう、脱毛サロンでの施術は、毛を抜いてしまうだけではなく毛量を減らすにも有効なんですね。
脱毛=気になる部位の毛を無くすという訳ではありません。
VIOのVだけを残す事はアリですが、その場合はバランスを考えて脱毛してもらうと良いでしょう。

また、Vだけ残す際に正面から立った時にツルツルのIラインが見えてしまう事もあります。つまり、正面から見た時に割れ目部分がちょこんと顔を出してしまうという事。これは、ちょっと間抜けな姿ですよね。
また、加齢によってはじめは隠れていたにも関わらず、後から見えるようになってしまうケースもあるんです。
そんな間抜けなスタイルを回避するには、VからIへの繋がりを意識して脱毛してもらう事が大切になります。

満足のいくVIO脱毛は施術者の腕とコミュニケーション次第

後から後悔のしないVIO脱毛をするには、施術してくれるエステティシャンとコミュニケーションをきちんと取っておくという事が必要です。
また、他の部位の脱毛とは違いVIO脱毛はデザインセンスも大切になります。エステティシャンによって、アドバイスも全然違ってくるんですよ。

私は適切なアドバイスを貰いながら施術出来た事で、後悔しないVIO脱毛が出来ました。
脱毛が完了してしまう前なら、デザインを変更する事も不可能ではありません。少しでもアレ?と不安があるならきちんと伝える事を忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です